老人や若者で単身者のウォーターサーバー

利用世帯が1000万世帯に迫る勢いのウォーターサーバーですが、単身者とウォーターサーバーという視点ではどうなのか。考え見ました。

お年寄りに人気の飲み物も手軽でウォーターサーバーは単身者の強い味方!

ウォーターサーバーはヤカンで火を使わなくていいから安全。熱湯をこぼしてしまったというケースはゼロではないのでウォーターサーバーでも注意する必要はあるが、ヤカンで火を沸かす回数が極端に減るのは大きいはず。

お年寄りに人気の日本茶に最適なお湯の温度であることも見逃せません。 冷たいお水は真夏の熱中症対策にももってこいです。天然水にはミネラルも含まれているからお水を飲む為だけでも高齢の方に良いと思います。

また、健康食品で人気の青汁や粉末系の飲みのものもすぐできるのは大きい。

単身者の場合、湯呑でお茶を飲む為にいちいちお湯を沸かすのが面倒だから飲まないとしてしまう人とか多いと思うんです。大げさでなくそういった面倒が無くなるから小まめな水分補給が出来るともいえるのではないでしょうか。

単身者、しかも60、70代と年をとってくると新しいものへの興味はあるが導入後が心配と言う面はぬぐいきれない。特に固定の多給料が無いく年金と貯蓄だけで暮らしているという面も、給料はすくないけれど、安定収入が入ってくる若者と比べても、さらにとっつきずらいという側面はあると思う。

ウォーターサーバーも導入前にそういった不安をぬぐっておくべきだろう。ウォーターサーバーで年齢関係なくトラブルになりがちなのは、使い勝手の悪さが発覚し解約しようとしたら電話対応が悪すぎたとか、解約手数料が高すぎるとかですね。解約手数料に関しては契約期間があり、最近ではウォーターサーバーは契約期間が2年あるということは世間では一般的にはなっています。なので、騙されたという感覚を持つ人はほぼいません。

でもとはいってもやっぱりなんでこんな高いお金払わないといけないんだよーとなる気持ちはあるでしょう。税金を支払うときみたいな、お金払っても何も帰ってこない感覚に近いかもしれません。

このようなトラブルは若者であれば特に問題は無いのですが、高齢者となるとトラブルは増える気がします。ウォーターサーバーは意外と押し売り、スーパーなどで販売などをしていることが多くあります。メーカーと提携して代理店になっている会社は売れば売るだけ儲かるので、そういった営業に労力を割いています。代理店契約をするだけでも数百万取られているケースもありますから売りにいくのは当然です。

でも、儲けのために、オーバートークだったり、きちんと契約内容を話さなかったりしてトラブルになることがあるのです。インターネット経由で購入した人はだいたいが、ウォーターサーバーが既にほしい方が探し、契約内容を自分で読んで納得している人が多いのですが、リアルの世界だと、代理店の押し売りでつい契約してしまったと言う人が多いのが現状なわけです。

これ、お年寄り危険ですよね。最近はウォーターサーバーに限らず、認知症のおばあちゃん、おじいちゃんが、そういった契約をしてしまい、解約金をとられてしまう事案等も多発していますから。認知症の方に販売してしまった販売員も、それはしらないですよ。。。だってしっかり会話もできてるし、後からそんな契約した覚えはないよと言われてもつらい。。。これは確かにあるとは思いますが。。。でも契約時の話とか一言一句わからない状態では第三者から見ると、印象論ではたたき売りしている人が悪にはなりますよね。

高齢者には優しくしないとだめよ。

差別、区別とかどこまでするかにもよるんですが、今の時代、弱い者が保護されるのが当たり前の世界ですから、そういった業者が自粛するべきなんでしょう。

だから、変な契約を結ばされたら訴えていくべきじゃないかと思います。

ちょっとそれてしまいましたが、高齢だからといっても、大半の方が元気で頭のキレるまだ若い方が多いと思います。たたき売り販売に関しては好例だろうがわかかろうが騙されたと感じることが多いので基本は契約しないほうが良いと思います。ウォーターサーバーのの存在をそこでしったら、まずお家に帰ってインターネットで調べることが大切です。

今は高齢の方でも普通にスマホ持っているでしょうから、その場で調べても良いんですけどね。

たたき売り屋さんの手口としては、緊急性をせまってくる人が多いと思います。例えば、今日限りなんです。お水が無料で●本ついてくるのは!そこの綺麗なおくさん。とね。

一度考えてネット検索すれば正直そこよりもおいしいキャンペーンはやってるんですけど、選択肢が狭まった状態だと契約してしまう人が結構いるんですよね。

若者は金銭的負担に耐えられるかどうかを検討してからウォーターサーバーを契約すべき

近代社会になればなるほど、若い子って間違った生き方すると、すごく苦しくなっていくと思うんですね。なにがいいたいかって、流行りやブーム、共通の話題に載るためにお金がかかると思うの。最近一次的に流行ったポケモンGOなども課金すればレベルががるから人気者になるために課金してしまった子もいるのではと。SNSなどのコミュニケーションツールなんかは無料で良いかもしれないけど、そこに話題を提供するために自分磨きと称して色々とがんばっている若者は多いですよね。

それが楽しめていればよいのですが、辛いと感じている子は多い気がします。ウォーターサーバーもすべての若者が持っているわけではないのですが、一人暮らしで誰かが持ち始めるとそのコミュニティ内で口コミで広がっていき次から次へと持ち始める現象は少なからずあるでしょう。変なプライドで、あいつが持っているから私も持つと言うのは本当にくだらないです。

月間の固定費がかかるのでそのあたりは必ず考慮して契約を検討したほうが良いと思います。私がもし20歳の新卒会社員でお金が無い状態なら月5000円くらいの固定費がかかるのは辛いので他に充てるかな。どこに幸せや生活の便利さを感じるか次第ですが、5000円といえば、住むマンションに充てればちょっとよい家になると思うので、私ならそっちに充てるかな。

今は格安の商品等たくさんでてきているので、節約しようと思えば結構できる生活必需品は多いです。例えば、ネットでいえば格安スマホとかね。ウォーターサーバーは残念がらレンタル無料のものだと毎月あ飲まなければいけないので節約はできません。水は毎日飲むものだから別によくない?という意見を見かけますが、ペットボトルをまとめて買う方が安いですし、収入がすくなく他にお金を当てたいのなら、ペットボトルなんかではなく、水道水に浄水器をつけて飲んだほうが良い生活が出来るんではないかと。

ウォーターサーバーはやはりある程度お金の余裕がある方が契約するものなのかなと個人的には考えています。

一人暮らしの人にとっては、カップ麺やちょっとしたコーヒーとかすごく便利でおいしいから、お金の余裕があれば超絶便利なので契約したほうがイイですよとおすすめはしますけどね。

お金が無いけど水道でない美味しい水をのみたいのならウォーターサーバーじゃなくミネラルウォーターの激安を定期的に飲む方法が一番安く住む方法だと思います。